■日々つれづれ事始め

羊頭狗肉。中学校で習ったこんな四字熟語が最近頭をもたげてきて悩ましく思っている。それと言うのも、ブログのタイトルを「ウッチ郷土史つれづれ」としたものの、このテーマでの最後の投稿からすでに四ヶ月のブランクができてしまっているからである。

ブランクの原因は、年金受給の手続きで複数の役所との対応に追われたり、日本語をポーランド人に教えるという第二のテーマを本格的に始動させたりということで、郷土史の方に力が割けなかったということに尽きる。時間は、やり繰りしようと思えば出来たはずであるが、気力が足りずこのテーマに集中出来なかった。

この間に、前述の第二のテーマでの投稿も始めた。そして本稿のように、また多くの他のブログのように、時々の想いを自由に綴ることへの誘惑も益々大きくなってきている。そういう状況で、思い切ってブログのタイトルを変えることも考えたのであるが、メインのウッチ郷土史というテーマは矢張りこのブログの核としておきたいという気持ちも強く、結局そのままにすることにした。ただ、今後は本稿のような投稿を適宜していくことになるので、これまで「管理人覚書」というタイトルで固定ページ扱いにしていた記事は以下再掲して、当該固定ページは廃することにする。

(過去に記した「管理人覚書」から)

2016年8月9日(火)
私的、公的含めてイヴェントが続いたが、ほぼ通常の生活に戻る。今日からまたブログへの投稿を再開しよう。
2016年12月21日(水)
11月のコンフェレンスの直前くらいに引いた風邪をこじらせて一進一退を繰り返しながら今日まで完治しない状態が続いている。ただしこの間に大きな動きもあった。当ブログのテーマである「ウッチ郷土史の研究」と「日本語教えること」の2つを第2の人生の目標として設定しているが、ようやくこの2つめの目標を実現させる目処がついたこと。民間の外国語学校で数人のポーランド人に日本語を教えるだけだが、報酬を度外視して楽しくやっている。このブログでも歴史研究だけでなく「新米日本語教師つれづれ」のテーマでの投稿もしていきたい。
2016年12月29日(木)
例年この時期には一年分のデータを整理してアーカイブする作業を行っているが、ついでにワードプレスの複数のブログにも「手」を入れて、別ブログで集めていたロシア語資料の一部を当ブログに移動させることにした。パスワード付きに制限公開にしようと思ったが、うまく機能していないようなので、当面非公開扱い、つまり自分専用の資料とする。

(了)

カテゴリー: つれづれ, ウッチ, 日本語教師 タグ: パーマリンク