■ウッチ・グダンスク通りの刑務所博物館

公式サイトの紹介文が非常に良く出来ているので、本投稿はそれを翻訳して紹介する。

<翻訳>
19世紀後半のウッチは、ポーランド立憲王国における工業の中心地であったが、また労働者がその経済状況の改善を求める様々な運動の場所であり、憎むべきツァーリ体制との闘争の場所でもあった。こうした事件の参加者の多くは政治犯として逮捕され、現在Plac Wolnoszci(自由広場)と呼ばれているNowy Rynek (ノーヴィー・ルイネク)にある市庁舎に未決囚として収監された。まもなく市庁舎では手狭となり、当時の市当局は新たな未決囚収容施設の建設に着手する旨の決定を1881年に行う。1884年、ツァーリ政府の許可が出るとすぐ、Konstantynowska(コンスタンティノフスカ、現Legionowレギオーヌフ)通りとDluga(ドゥーガ、現Gdanskaグダンスカ)通りとが交差する場所に、著名な建築家Hilari Majewskaの設計による刑務所の建設が着手された。刑務所は1885年10月9日に稼働を開始した。続く数カ月間に、ツァーリ政府によって国事罪に問われたプロレタリアート党の党員達がドゥーガ通りにできた刑務所に送られてきた。まもなくウッチ刑務所は政治犯として逮捕された囚人のすべてを収容することができなくなる。1892年のウッチの反乱の際にはドゥーガ通りの刑務所は囚人で溢れるほどになり、当局は別棟の設置を余儀なくされた。1905−1907年の革命当時も似たような状況であった。刑務所は革命運動に加わった人々で溢れた。そこから多くの囚人が引き出されて近くにあるKonstantynowska通り沿いの森に連れてゆかれ、そこで銃殺された。また別の囚人はロシア奥地の流刑地に送られた。

刑務所の歩みの中で最も悲劇的な時期の一つは革命運動後の弾圧の時代であった。

1908年2月、刑務所の中庭に絞首台が立てられ、1909年4月までに104回絞首刑が執行された。

第一次世界大戦時(1914−1918)には刑務所の建物はドイツ占領軍の指揮下に置かれた。

第二共和国時代にはGdansk(グダンスク)通りには刑事捜査拘置所が置かれた。当初は占領軍当局もこれを利用した。20年代からは主として左翼運動に関連する囚人が収容された。

ナチスドイツによる占領下の時代にはGdansk(グダンスク、Danziger Strasse)通りの建物には、中継監獄の機能を果たす女性専用の警察刑務所が置かれていた。公式には、当該刑務所はウッチ市(Litzmannstadt)警察幹部会に属したが、実際はゲシュタポ(Geheime Staatspolizei)が直接管理していた。女性囚人の殆どは政治犯の宣告を受けた女性達で、武装闘争同盟や国内軍、または秘密左翼組織に関与したもの、罪状はサボタージュ、武器の所持、独への敵対、外国ラジオの違法聴取、ユダヤ人への援助などであった。そして、アウシュヴィッツ=ビルケナウ、ラベンスブルックといった収容所に送られていった。そこは、労働もしくは矯正のための収容所であり、その他の強制隔離のための場所であった。事情聴取がある場合にはAnstadta通り7/9にあるゲシュタポ本部に移送された。

1945年、Gdansk通りの建物は引き続き女性刑務所であった。監督は公共治安庁の県職員が行っていた。1953年2月までこの刑務所には1939ー1945年の間に地下活動、主として国内軍の活動や独立運動組織に関与した女性が収容されていた。刑務所にはまた、1945年以降のポーランドの新たな現実を容認できず政治的に野に下った人々も収容された。

以上

以下は、昨年秋に訳者が撮影したスナップ

img_20160920_133150552_hdr
グダンスク通りから見た刑務所博物館

img_20160920_133231066
刑務所博物館への入口

img_20160920_133539083
博物館の中の廊下部分

img_20160920_133556820
廊下に沿って配置されている房の扉の一つ

img_20160920_133720134
房の内部を模した展示

(訳者注記)
(オリジナル・テキスト)
ウッチ独立の伝統博物館の別館の一つ、グダンスク通りの刑務所博物館公式サイトから
(ここ)
(参考資料)
1.『東欧史(新版)』( 「世界各国史シリーズ」第13巻、山川出版社刊、1977年)
2.『ポーランド現代史』(世界現代史シリーズ第27巻、 山川出版社刊、1992年 )

(了)

カテゴリー: ウッチ, 郷土史 タグ: , , パーマリンク