■日々つれづれ(2018-01-09)ーウッチ歴史百科第3巻の翻訳のことなど

今年最初の投稿は、昨年最後の投稿(ここ)の続編となる。以下で、イラスト付ウッチ歴史百科第3巻の翻訳全体について整理をしておく。翻訳そのものも若干追加してある(ここ)

イラスト付ウッチ歴史百科第3巻の翻訳は、2016年8月から当ブログに断片的に掲載されている。現状第四章までの翻訳が終っている。因みに、翻訳投稿の開始から約半年後の2017年2月2日の投稿(ここ)では「第二章までしか日本語にできていない」と記しているから、同じ分量を訳すのにほぼ2倍の時間が掛かっていることになる。第3巻全体で見ると一年半で第3巻の約3分の一を翻訳していることになるから、このペースでいくと第3巻全体を訳了するのにあと3年掛かることになる計算だ。読者も想定できない翻訳を一人でコツコツとやっていることを勘案すれば、こんなものかもしれない。ひとまず訳了予定は2020年末ということにしておこう。

今自分が手がけているのはまさに歴史の翻訳である。文字通りの「歴史」であって「現代史」ではないことに留意したい。何を持って「現代史」とするのかは人それぞれだろう。仮に、自分がそこに生を持った時代の歩みと定義すれば、自分がどれだけその時代に関わっていると意識しているか、いわゆる歴史意識をどのように捉えるかでその人の現代史が決まってくる。因みに、自分はこんな風に考えている。現代人の寿命をごく大雑把に100歳と仮定して、自分が生まれる100年前に起こったこととその帰結は自分にとって「現代史」と考える。100年より前に起こった出来事は自分にとっては「歴史」とする。科学の信徒や学術に携わる人達からみれば何と大雑把なということになるのであろうが、こうして過去を振り返って見ると案外色々なことが見えてくる。「歴史」を少し紐解くだけで現代史の欺瞞がはっきりするし、またその欺瞞の背景も見えてくる。繰り返すが、以上は全く根拠のない私見である。

さて、本題のウッチ歴史百科第3巻に話題を戻そう。この第3巻の目次については前述の2017年2月2日投稿に仮訳しておいたのでそちらを参照頂くとして、一点だけ確認しておくと、そこで叙述されている時期は「ポーランド第3次分割(1795年)から19世紀の20年代半ばまでの約30年間」(編者による「巻頭言」)である。主権喪失が確定した分割時代当初の30年間でもある。主権回復はそこからさらに約100年後のことだ。この100年間はウッチに限定して言えば、実質帝政ロシア領の立憲王国時代であったが、この第3巻で扱われている時期はその少し前、1830年のカデット革命(日本語では「11月蜂起」)の失敗以後ロシア支配が固定化する少し前の、比較的緩やかな支配の時期を対象にしている。このわずかな時期にウッチは、プロイセン領、ナポレオンのワルシャワ公国領、そして帝政ロシア領と、大きな支配者の変遷を経験した。

昨年2017年はロシアの社会主義革命100周年であったが、今年は日本の明治維新150周年、当地ポーランドではいわゆる三国分割からの独立回復100周年となる。数字遊びの延長で敢えて付け加えるなら、今年は自分の年齢も満65歳となり、いわば第二の人生元年。元年といっても、当ブログの開設を含め2-3年前から前倒しに事前準備をしてきているのでいきなり何か新しいことが始まるという訳ではないが、それでも区切りは区切り。気持ちを新たにするという意味合いは有る。

前述の2017年2月の投稿では末尾に以下のように記した。この思いは変わるどころか益々強くなってきている。年の初めにあたり再掲しておくことは無駄ではないだろう。

「『ウッチの歴史』を通していわゆるポーランド三国分割後のポーランドの状況や、社会主義の発祥とその後のロシア革命との関わりが透けて見えてくる。分割前までのクラクフや第二次世界大戦後のワルシャワの影に隠れてほとんど紹介されないウッチであるが、手前味噌を承知で言えば、ウッチはクラクフとワルシャワに次いでポーランドの歴史において重要な役割を果たした第三の都市であると言えるように思う。公式なウッチの紹介文でもこうした解釈というか視点は見受けられない。現在の首都ワルシャワの視点で作られた紹介文と言ってしまえばそれまでだが、繊維産業の興隆で急速に発展し、そして斜陽化した街というのがウッチを紹介する時の全てのようである。」

(了)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中