■言葉との関わりについて

自分が勝手に命名している、自分の人生の「20年周期説」によれば、20歳までが人格形成期、40歳までが若年期、その後60歳までが壮年期である。

ポーランドに移住してきたのは、ちょうど40歳のときだから生活の場所という観点で確かに区切りになっているし、また60歳で企業人生にピリオドを打ったので、生きることに必要な糧を得る職業という観点で、60歳が区切りになっている。日本から出てしまっているので「定年」という縛りはなかったのであるが、あえて自分で区切りを付けた。後に家族から、「もう少し企業で頑張ってもらいたかった」という嘆きもどきも出たのであるが。。。

こう書くと、数字遊びに走り過ぎているというコメントがすぐにも出てきそうである。確かにその通りで、かつ数字遊びは文字通り「遊び」である。しかし、数字で区切ることで少なくとも自分の人生を相対化、対象化するという効用はある。人生の転機を決断する時に、どれだけそうした意志が働いていたのか、今は知る手立てとてないが、それまでの人生をそれと気づかず振り返っていたのではないかと思う。

対象化といえば、若年期と壮年期を合わせた40年間、つまり職業人生を送った期間を通して一貫していたのは、外国語を駆使して禄を食むということであった。

統計によると、高校に入学した頃の大学進学率は20%弱。当時は、職業高校という選択肢はそれほど奇異な選択肢ではなかった。一方で、高校を卒業した年の大学進学率は約30%。結局、自分も大学進学をめざすことになった。周りにも、高校卒業後直ぐに職業生活に入らず大学入学をめざした学友が約40人のクラスで5人ほどいた。

そういう時代であったのだが、進学校からではなく職業高校から大学に進んだことで、英語に苦手感を持ってしまったようだ。改めて受験勉強をして入学した二度目の大学で、必修語学の英語とは別にロシア語に惹かれたのも、英語への苦手感の裏返しだったのかもしれない。とにかく、その後特殊語学遍歴が始まることになる。特殊語学といっても、要は英語以外の言語の学習ということである。そして、これがその後の人生の方向を決めてしまう結果になった。

移住後は様々な理由で随分と職場を変えたが、それだけ履歴書もたくさん書いてきた。履歴書の語学欄には、通常多少下駄を履かせて書くものだが、ロシア語、ポーランド語については、レベルの差は別にして概ね記載してきた。そして英語もひっそりと。その後プラハで勤務することになり、チェコ語もかじり、また顧客としてオランダ人、イタリア人とお付き合いすることになり、挨拶くらいは出来るようにということで、オランダ語とイタリア語に手を染めたりした。ただ、どうしても先に進まない言語もあった。それは西隣の国の言語であるドイツ語。また、東スラブ、西スラブときて、次は南スラブということで始めたクロアチア語も、成果はなかった。

今思えば、一応習得したと思える言語も、ポーランド語ですら、基本は仕事のための語学であり、自分のための語学ではなかったように思う。特に英語は、相変わらず苦手で、社内会議では分かっている振りしながら凌いでいた。とにかく、語彙が決定的に不足していた。語彙だけは自然に習得するという訳にはいかないらしい。そして、意識的な暗記作業が出来るのは、やはり学生時代のようである。そんなこともあって、企業時代を抜け出してまず感じたのは、自分以外の話者の思いを伝える「通訳」という仕事から解放されたという思いであった。

しかし、語学が好きという気持ちには変わりなく、習得した言語を使って、企業「卒業」後に自分がやれることとして浮かび出てきたのが、ウッチの歴史を翻訳する作業であり、その言語を使って日本語を教えるという仕事である。こうした視点に至るにはさらに数年必要であったのだが、これはまた次のステージの話になる。

さて、仮にこの短文を目にする若い方がいるとして、ここで結論めいたことを付け加えておくなら、多少自分の時間を犠牲にしても、語学を修める価値があるということ、習得した後の使い道も各人各様であるということの2点だろう。もちろん、習得過程での3キ、暗記、根気、年季は、どんな場合でも重要であることは言うまでもない。

(了)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください