■ロシア語からポーランド語へ

自分の人生で、ロシア(当時はソ連)から、ポーランド、ウッチにキーワードが移っていく直接のきっかけは、自分が選んだ伴侶が、ゆかりの人であったからである。この辺りの経緯は、半生記の前編(私家版)で触れられているが、出会いのもとにはロシア語というキーワードがあった。

前回の投稿(■言葉との関わりについて)で触れたように、自分なりに考えて入学した二度目の大学では、必修語学は英語を履修したものの(入学前に決めておかねばならなかった)、入学後まもなくの頃にロシア語に興味を持った。しかし、必修語学は既に英語と決めていて変更は出来ない。それでも、やるなら本格的に勉強したいと思い、必修語学のロシア語の授業を聴講させて頂いた。

担当の教官に無理をお願いしご快諾頂いたのだが、毎回授業に出ること、正規の学生と同じように試験を受けて及第することという条件付きであった。我ながら、よく続いたなと思うのであるが、ここでロシア語の基礎の手ほどきを受けた。担当教官がドストエフスキー研究者の近田友一先生で、授業の合間にドストエフスキーの作品にまつわるお話しを聞くことができたことも、続いた理由の一つだったように思う。

その頃は、ドストエフスキーの作品をオリジナルで読むことが夢で、ナウカ版の全集を買い揃えたりしたが、オリジナルで読むという夢は果たせずに終わった。ただし、日本語での評伝や作品論のたぐいは濫読した。作品は河出書房新社版の全集で間に合わせていた。この全集はポーランドに移住する際にも、無理をして持ってきている。

最初のソ連観光旅行で、モスクワのドストエフスキー博物館を訪れたり、レニングラード(当時)の『罪と罰』の舞台になったと言われる場所を散策したり、常にドストエフスキーの周辺をさまよっていたように思う。しかし、青年時代の夢はあくまでも夢。まもなく「現実路線」を取らざるを得なくなる。

せめてロシア語で生活の糧を得ようということで、文学ではなく語学としてロシア語の学習を続け、「生」のロシア語をということで遊学したモスクワで、今度はポーランドに出会う。当時日本でも、「連帯」運動の興亡を通してポーランドの知名度は高まっていた。ポーランド人そのものからくる魅力はもちろんであるが、自分の関心がロシア(当時はソ連)からポーランドに移っていくことに、さほど違和感はなかった。この時に一緒だったポーランド人達とは、その後当地ウッチで再会し、今でも交流がある。

こうして、人生の方向を決めたロシア語との出会いは、更に発展してポーランドとポーランド語に移っていった。それでも、まだ日本で生活していた頃はロシア語で生活の糧を得ていた。しかし、移住してからはポーランド語を使わざるを得なくなる。全くの独学で、ちょっとかじった程度のポーランド語のレベルで移住を決心したため、最初の一年目は苦しかった。そのレベルで、無理やり通訳などをしていたのだから、我ながら心臓が強かったなと思う。

それから、既に四半世紀が経過した。その間、職場はいろいろ変遷があったが、居住地は変わらず、仕事上の赴任地から帰る場所は常にウッチであった。結婚したあとは別にして、日本にいた頃は毎年のように住所を変えていた生活が、ポーランドに移住して初めて定住地を得たことになる。様々な思い出が頭に浮かんでくるが、これはまた別の機会にしよう。

現在、ポーランド語は生活言語である。家族との意思疎通はポーランド語を介している。もちろん、移住後も概ね日系企業で禄を食んでいたおかげで、日本語を忘れてしまったわけではない。ただ、ロシア語がポーランド語を超えて再び人生のキーワードに戻るということだけはなさそうだ。

(了)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください