■「私のドストエフスキー」スケッチ(1)

前回の投稿(■自分にとっての同時代史と現代史)では、生まれた時には過去にあったことで、かつ自分が生きていく過程で関与していく歴史、つまり同時代史と直接的に結びついている「現代史」ということについて考えてみた。過去にあった事柄の中で、今の自分がどのように関わっているのかということを意識しながら、自分の生を見直すという営みのいわば第一章である。

正直に言うと、「現代史」とそれ以前の「歴史」などという面倒くさい区分はせずに、過去にあったことはすべて「過去」でくくってしまうということも、もちろん可能である。むしろ、過去か非過去(瞬間としての現在と未来)だけで考える、生きていくことの方が普通なのだろう。それに、こんなことは言葉を弄んでいるだけという気もする。要は、自分のような人間は言葉の遊戯が好きな、ただの変わり者ということになるのかもしれない。まあ、他の人々に迷惑をかけさえしなければ、変わり者がいても構わないとは思うが。。。

つまらぬ前置きはこの辺にして。

前投稿で自分にとっての現代史はどのようなものだったのかというイメージが出来あがったので、そのイメージを自分が辿ってきた人生とのつながりで探っていく、というのが次の作業になる。いわば第二章である。今回は「私のドストエフスキー」、つまりドストエフスキーを自分が辿ってきた人生を通して見直していく。ただし、歴史を意識しながらということは、改めて強調しておく必要があるだろう。

初めて読んだ作品は、言うまでもなく『罪と罰』だった。誰の訳であったかは、もう覚えていない。二十歳になる前の頃だったと思う。最初の大学を中退し、改めて受験勉強をしながら大学再入学を目指していた頃である。その後アルバイト先の書店で、割引で買えることに惹かれて、ドストエフスキー全集を買い揃えたのであった。

前投稿の「準則」で計算すると、現代史100年プラス同時代史70年弱。つまり、今から170年程前まで遡る必要があるが、ここでは作家の生誕年等を考慮して、大胆に下駄を履かせることにする。今回参考にするのは、前述全集別巻に付された年表。この年表の末尾には「近田友一編」と書かれている。近田先生は、前にも書いた通り、自分がロシア語の手ほどきを受けた恩師である。先生には、件の全集を購入して数年後に出会ったことになる。

ドストエフスキーのことに触れる前に、どうしても記しておきたいことがある。今回改めて気付いたことであるが、年表の記述によると、作家の父の生家は、ウクライナのポドーリスク県にあったそうである。1789年生まれの作家の父ミハイルは、カーメネツ=ポドーリスキイの神学校に在籍していた。

同市は、現在のウクライナ西部の主要な都市の一つである。1793年の帝政ロシアによるポーランド第2次分割まではポーランド領だった。つまり、作家の父は、当時のポーランド領で生まれたことになる。著名な古城があり、自分も2009年に観光で訪れたことがある。

ただ、米川正夫さんの研究によると、ドストエフスキー家の祖先はポーランド人ではなくリトアニア人であったそうである。作家の娘のエーメ(リュボフィ)の回想がその根拠になっている。ちなみに、1569年のいわゆるルブリンの合同で、ポーランドとリトアニアは同君連合国家となっていた。

さて、ドストエフスキーの生年は1821年、兄のミハイルはその前年1820年に生まれている。つまり、来年2021年はドストエフスキー生誕200周年ということになる。これも今回気付いたことの一つ。生まれた場所は、モスクワのマリンスキ病院右の傍屋となっている。

自分は1978年に、博物館となっていた当該生家を訪れている。旧ソ連ブレジネフ時代の末期だった。観光といっても、独り歩きがままならない時代で、旅程に入っていないこの博物館まで、一人で地下鉄を利用して訪問した。うろ覚えの「夢想家」というロシア語の単語をひけらかして悦に入っていたことが、懐かしく思い出される。

ここで目をウッチに移そう。1815年のウィーン会議の結果として、ポーランドはポーランド立憲王国となり、ウッチはプロイセン領から、短期間のワルシャワ公国時代を経て、帝政ロシア領となっていた。1820年、産業都市ウッチ市の始祖とも言えるレンビェリンスキが、ウッチ周辺地域の視察を行う。作家は、この頃に生まれている。ドストエフスキーの生誕と、産業都市ウッチ誕生の礎となった事績とが、殆ど重なっているという事実は、自分にとって事実以上の重みがある。

5年後の1825年には、産業都市ウッチの基礎が出来ていた。現在翻訳中の、ウッチ歴史百科第3巻第8章にこの辺りの詳しい事情が記述されている。1825年といえば、ロシアではデカブリストの乱が起こった年である。デカブリストの乱は、ドストエフスキーの活動においても、縁浅からぬ事件の一つであった。

しかし、ここで一休みとしよう。一つの投稿があまり長くなると読みにくくなるので、以後の年々については、また次回ということにさせて頂く。このテーマの最初の投稿ということで、冒頭にグダグダと前置きを付したために、本題の分量が見劣りする投稿になった。悪しからずご容赦頂きたい。

(続)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください