■「私のドストエフスキー」スケッチ(2)

前回の投稿(■「私のドストエフスキー」(1))では、自分が辿ってきた人生をドストエフスキーを通して見直していくという作業に着手し、1825年のデカブリストの乱で稿を終えていた。今回はその続編である。今回も、米川正夫訳ドストエフスキー全集別巻「ドストエフスキー研究」(河出書房新社刊)と、巻末の近田先生編の年表を主な資料として使わせて頂く。特に断りがなければ、この年表からの引用である。

さて、1825年。この時作家は4歳であった。この年齢で明白な記憶が残っているという人は少ないだろうと思う。もちろん、断片的なイメージとして残るということはある。例として、作家の作品から引用させてもらえば、アリョーシャがおぼろげに覚えている母の面影を描写するくだりがある。

「彼の覚えているのは、静かな夏のある夕方だった。開け放された窓、沈みかけた太陽の斜光(この斜光が一番強く心に残っていた)、部屋の一隅の聖像、その前にともっている燈明、そして聖像の前にひざまずいた母が、ヒステリーを起こしたように金切り声や叫び声をあげながら泣きわめき、彼を両手にかかえて、痛いほどぎゅっと抱きしめ、彼のために聖母マリヤに祈っては、さながら聖母の庇護を求めるかのように、両手に抱きしめた彼を聖像の方にさしのべている。。。。」(原卓也訳『カラマーゾフの兄弟』新潮文庫35ページ)。

ただ、デカブリストの乱という事件が、4歳の作家に、あるイメージを残すほど、強い印象を与えたとは思えないので、作家にとっての「事件」の意味はやはり、1849年(28歳)12月に流刑地シベリアに向け出発、年明け1月にデカブリストの妻たちから、紙幣が隠された聖書を贈られたことに求められると思う。

前回の投稿ではもう一つ、ロシア人として生まれた作家の家系について触れておいた。作家の父はポーランド領で生まれ、その地は間もなくロシア領ウクライナとなった。一方、作家の次女エーメによれば、生まれはポーランド領であったが、民族的にはリトアニア人であったとされている。

ドストエフスキーが結婚したのは1867年で、作家が46歳の時であった。配偶者となったアンナ・スニートキナとは、『罪と罰』の草稿速記者として知り合っている。そして、短命に終わる長女ソフィヤの後に生まれた次女のエーメが生まれたのは、2年後の1869年で、作家はこの時48歳だった。前年に『白痴』を完結させ、後の『カラマーゾフの兄弟』や『悪霊』に発展する新たな小説の構想も、その頃既に芽生えていたようである。

ドストエフスキーは、1881年60歳で永眠する。14年間の結婚生活であった。作家の次女エーメが父である作家と時を共にしたのは、彼女が12歳の時までであったということは記憶しておいて良い事実である。また、作家の作品に即していえば、『白痴』より後の時期であった。言い換えれば、エーメが生まれる以前に、『死の家の記録』から『白痴』までの作品が既に書かれていたということである。

ここで、エーメの回想に戻る。米川正夫さんのドストエフスキー研究によれば、エーメはこう回想している。「祖父ミハイルは、絶えず子供たちに、自分の素性を説明していたらしい。なぜなら、わたしはたびたび父の口から、後には叔父たちの口から、こういうことを聞いたからである。『われわれドストエフスキー家のものはリスアニヤ人であって、ポーランド人ではない。リスアニヤとポーランドはまったく別の国だ』」(「ドストエフスキー研究」9ページ)。

このくだりを読む限りでは、作家、そして作家の弟たちは、祖先がリトアニア人であることを強調するというより、「ポーランド人ではない!」ということを強調していたのではないだろうかという気がしないでもない。もちろん、あくまで想像である。仮に、想像が当たっているとして、「なぜか?」という問いが自然に浮かんでくる。その手がかりは、やはり作品にしか求められないであろう。

膨大なドストエフスキー論を展開するつもりは毛頭ないが、拾い読みになるにせよ、少しばかり、作品に描写されたポーランド人像から、作家の思いを探ってみようと思う。その前に、シベリア流刑という経験を境にした、作家のいわゆる後期の作品群の流れを整理しておく。『死の家の記録(1860年-1862年)』『地下生活者(室)の手記(1864年)』『罪と罰(1866年)』『白痴(1868年-1869年?)』『悪霊(1871年-1872年)』『未成年(1875年)』『カラマーゾフの兄弟(1879年-1890年)』。

今回はここまでにしておく。次回は『死の家の記録』から関連する箇所を抜書して、思うところを綴ってみたい。

(続)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください