■「私のドストエフスキー」スケッチ(3)

前々回投稿(■「私のドストエフスキー」(1))と前回の投稿(■「私のドストエフスキー」(2))では、現在ポーランドで生活している自分という視点で、青年時代に耽読したドストエフスキーを見直すという作業を試みた。必然的に、ドストエフスキーとポーランド人というテーマに傾いていき、長年感じていたことをひとまず確認することができた。ドストエフスキーは、ポーランド人に対して明白な「特別な」感情を抱いていたようである。

そして、過去2回の投稿の続きとして、「次回からは作品に即して感想を書いていく」と予告した。といっても、学術的な論文を考えていた訳ではなく、個人的な読書ノートのようなものにしようと思っていた。しかし、作品に当たるとなれば、一応「作品論」のような体裁を取る必要があると思い、手元資料とネットで入手できる範囲で、少しばかり研究者の方々の論考をチェックしてみた。具体的な出典はあえて示さないが、いくつかの発見があった。その最大のものは、自分が考えていたような結論をその中に見い出してしまったことである。当たり前過ぎる成り行きで、自分でも呆れてしまった(笑)。

そのうちのある論考によれば、ドストエフスキーの外国人に対する態度は、ポーランド人に対してだけでなく、フランス人などに対してもかなり偏った見方をしていたそうである。要は、作家の個性に基づく外国人に対する偏見があり、加えて、東西のキリスト教の歴史的な対立がその背景にあるということであった。ということで、予定を変更して、以下では自分なりの補足を試みることにする。

ペトラシェフスキー事件に連座してシベリアに流刑となり、そこで経験した4年間の流刑囚としての生活(最終的な判決は、懲役4年、刑期満了後一兵卒として4年間勤務)が、様々な意味でドストエフスキーの人生を大きく変えたことは間違いない。実際に刑期が満了したのは1854年2月であったが、概ね1850年年初から1853年末迄の丸4年間を流刑囚としてシベリアで過ごし、その時の経験をもとにして『死の家の記録』が書かれた。この作品には、ポーランド人Mがしばしば顔を出す。

つい最近読んだ光文社版の『死の家の記録』(古典新訳文庫、望月哲男訳)の注には、「(Mの)モデルはアレクサンデル・ミレツキAleksand(e)r Mirecki」とある。新潮文庫版の工藤精一郎訳でも、同様と思われる人物が挙げられている。このM氏について、ポーランド語で何か資料をと思って少しばかり歴史書やネット情報を当たってみたが、詳しいことはよく分からなかった。

ただ、先に触れたある研究者の方の解説から、同じ時期にシモン・トカジェフスキというポーランド人流刑囚がいたことを知り、その流れで「The Central and Eastern European Online Library」というデータベースに至った。英訳ながら、トカジェフスキが服役していた当時の監獄の様子が回想されていて興味深い資料である。先のミレツキも登場する。また、モラヴィアの作曲家ヤナーチェクが、『死の家の記録』を題材にして、『死者の家から』というオペラを書いていたことも、今回初めて知った。

ここでもう一度、ドストエフスキーが生きた時代(1821年-1881年)のポーランドに思いを馳せてみたい。1772年から3回に亘って行われた、ポーランド三国分割が最終的に確定するのは、1815年のウィーン会議以後である。因みに、現在のウッチに当たる地域は、この時から帝政ロシア領となり、以後飛躍的な発展を遂げる。ウッチよりも東のワルシャワは、既に帝政ロシア領となっていた。その後、1919年にポーランドが主権を回復するまで、二度の大きな「蜂起」が起こる。1830年-1831年の11月蜂起と1863年-1864年の1月蜂起がそれである。

1830年の11月蜂起は、同じ年にフランスで起こった7月革命に触発されたと言われている。フランスは、1789年に始まる大革命後の紆余曲折を経て、この7月革命で最終的に立憲君主国となった。また、この時代は、ショパンが生きた時代(1810年-1849年)でもあった。この時期のポーランドでは、フランスなどへ亡命する者や、シベリア送りとなった流刑囚がたくさんいた。ドストエフスキーがシベリアで実際に出会い、そして『死の家の記録』で描写されているポーランド人が、主に政治犯であった理由には、こうした時代背景があったのである。

ドストエフスキーは文句なしの偉大な作家である。多くの人と同様に、自分もドストエフスキーから多くのことを学んだ。学んだことの内容はそれぞれ異なるとしてもである。こんなことを、プライベートなブログとは言え、改めて書きつけるのは恥ずかしいくらいである。しかし、自分のための覚えという意味も込めて、印象に残ったエピソードを一つだけ記しておきたい。『カラマーゾフの兄弟』の一節である。

第二編第四章に「信仰の薄い貴婦人」という章がある。この章では、主人公たちの引き立て役の一人であるリザベータという娘の母親ホフラーコヴァ婦人と、ロシア正教会のゾシマ長老との対話が描かれている。実はかなり長いこと、この対話は、信仰にまつわるエピソードであると解釈していた。ドストエフスキーはロシア正教に深く帰依した人という理解を持っていたからである。

しかし、何度か読み直すうちに、別の解釈が出来ることに気付いた。米川正夫訳と原卓也訳とで訳文が異なることも理由の一つだったのかもしれない。以下、該当する部分を紹介する。ゾシマ長老が、ある医者から聞いた話しとして、くだんの母親に紹介する場面である。ここでは、米川正夫訳『カラマーゾフの兄弟』(河出書房新社版)から引用する。

「その人が言うには、『私は人類を愛するけれども、自分で自分に驚くようなことがある。ほかでもない、一般人類を愛することが深ければ深いほど、個々の人間を、ひとりひとり別なものとしてそれぞれに愛することが少のうなる。空想の中では人類への奉仕ということについて、熱烈な考えに到達し、もし何かの機会で必要が生じたならば、まったく人類のため十字架をも背負いかねないほどの勢いであるが、そのくせだれとでも一つ部屋に二日といっしょに暮らすことができぬ。それは経験で承知しておる。だれかちょっとでも自分のそばへ寄って来ると、すぐその個性が自分の自尊心や自由を圧迫する。それゆえ、わたしはわずか一昼夜のうちに、すぐれた人格者すら憎みおおせることができる。(中略)個々の人間にたいする憎悪が深くなるにつれて、人類全体にたいする愛はいよいよ熱烈になってくる』と」。

ここでは、信じるか信じないかという信仰の問題ではなく、理想主義=人類一般と現実=個々の人間ということが問題にされている。ここで作家が言おうとしたのは、理想と現実とは別のものであって、重なることはない、理想はあくまで目標であって現実そのものではない、そして人間はあくまで現実の側に立っている、そういうことではなかったかと自分は理解している。ドストエフスキーが著した膨大な作品群の中には、こうした深遠な思想を秘めた箇所がたくさんある。自分は、たまたまこの箇所に「引っ掛かった」ということであろうか。

しかし、その大作家も、一人の人としては、その時代の同時代人であって、それ以上ではなかった。ドストエフスキーが生きた時代は、フランス7月革命の根底に置かれていた様々な理想主義的思潮が、共産主義に追い越されつつあった時代であった。そして、欧州とアジアにまたがったロシアは、西欧の当時の最新の思想であった共産主義を移植しながら1917年の革命に向かって進んでいくことになる。それは、作家が考えた、或いは望んでいた方向ではなかった。作家の事実上の絶筆となった『作家の日記』1881年1月号に、作家の考え、思いを読み取ることが出来る。

同じ頃、アジアに位置する日本も、欧州文明の主体であった西欧の思想を受容する。但し、キリスト教の伝統がなかった日本では、まずキリスト教との格闘から始めなければならなかった。そして、余りにも雑な素描との謗りを敢えて覚悟して表現するなら、特急列車並みに、様々な思想のバリエーションを次々と受容していった。戦争に敗れたあとは、共産主義思想も急速に浸透した。ただし、その背景となる事情についてはここでは触れないでおく。

その恩恵に日本がどっぷりと浸かってきた欧州文明も、ここにきて機能不全に陥っていることが明らかになってきている。共産主義も、自由・平等・友愛で端的に示される理想主義も、そして進化理論も、この文脈で言えば、すべて欧州が発祥である。現代の日本の足元にはそうした欧州文明がある。このことを先ず謙虚に認めた上で、改めてこれと対決する時期に来ているのではないかと最近よく思う。そして、こうした考えに自分を導いてくれたのが、ドストエフスキーだったのかも知れないと。。。

(続)

コメント欄

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください